×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三大成人病を知ると自分に得します!

三大成人病とは、がん・脳卒中・心臓病の成人病の総称です。現代社会では、この三大成人病になる年齢層が若年傾向にあります。今からでも遅くない三大成人病を退治するために…自分を三大成人病から守っていくために…そのために三大成人病のことを知っていくことからはじめないと、その恐ろしさはわかりません。三大成人病になってからでは遅すぎます。仕事も家族も楽しみも何もかもが変わってしまうのです…がん・心臓病・脳卒中を知ることがヒントになるでしょう。

三大成人病の「がん」「脳卒中」のこと…

三大成人病の一つは「がん」。がんの発生に影響する環境の要因としては、食事→喫煙→職業性→環境汚染の順に高いようです。つまり、食事を改善したり、禁煙することで三大成人病である「がん」が予防できうるのです。
しかし、がんになるには年月がかかります。まず細胞が「がん」になっていくので、病院で診断できる大きさまでは時間がかかります。ということは、がんになるまでに食事に気をつけたり、禁煙したり…がんになる可能性のある要因を遠ざけることがで、三大成人病の「がん」が抑えられたり、予防できうるのです。
二つ目は三大成人病の一つである「脳卒中」。脳卒中は脳血管障害の総称で、脳の血管が破れたり、動脈硬化などで血管がつまったりして、脳の細胞は死んでしまいます。脳卒中には、脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞の3種類があります。全てが脳の血管に関係する障害です。その結果、手足の運動に関係する脳卒中であれば、手足に麻痺がおこるのです。それ以外にも…

三大成人病の「脳卒中」「心臓病」のこと…

三大成人病の「脳卒中」脳卒中は、脳出血や脳梗塞、くも膜下出血などで脳の細胞に血液がいかなくなってしまい、感覚神経に関係がある脳卒中であれば、しびれや感覚麻痺がおこってしまいます。言葉に関係する脳卒中では、言葉が話せないなどの症状が出てくるのです。
また三大成人病の最後は「心臓病」。心臓病は、代表的なものに心筋梗塞や狭心症などがあります。この心臓病は、冠状動脈と言って心臓の血管が狭くなったり、つまったりすることによって、心臓の筋肉への栄養補給が足りなくなりって、心臓の筋肉に酸素欠乏をおこしてしまって心臓病になってしまう病気です。そもそも心臓は筋肉でできていて、心臓から全身に血液を送ります。その大切な心臓の動きをしているのが心筋です。その心臓の筋肉に栄養を与えているのが冠状動脈なのです。ですから、この心臓病の恐ろしさは、心臓の動きを直接している筋肉への栄養の源である冠状動脈が病気になることなのです。
三大成人病全てにおいて言える事は、食事・禁煙・ストレスを下げる環境を整えることが大切です!